2017-06-20(Tue)

外壁材の検品


設計のTです。

今年の梅雨はどこへ行ったのでしょうか。

現場は外部の作業が進んで良いのですが、水不足が心配です。

お施主様と打ち合わせした外壁材の品番を確認しました。

このような写真を残しておくとお施主様に対して親切です。

現場に行くときには多くの写真を撮りたいです。
スポンサーサイト
2017-06-18(Sun)

今日は何の日



こんにちは。

6月の第3日曜日は『父の日』。
普段なかなか言えない感謝の気持ちを、お父さんに伝える日ですね。

一家の大黒柱のお父さん
「いつもありがとう」


父の日

檜建設のHPはこちらから


おかぴでした


2017-06-13(Tue)

片流れ屋根に魅せられる

営業のリンリンです。



最近、暑くなりいよいよ夏が到来することを感じさせられますね。気温の変化が激しい日々が続きますがみなさんいかがお過ごしでしょうか?

さて今回は建物の外観を造る上でとても重要な要素のひとつである『屋根』の形状について話をしてみたいと思います。

屋根形状は幾つかの種類があります。例えば寄棟や切妻・入母屋・陸屋根・片流れ屋根などなど・・・・

今回は片流れ屋根にポイントを当ててみたいと思います。

片流れ屋根は一直線に屋根を掛けることによりスタイリッシュな外観と鋭角なイメージを建物にあたえます。また屋根の形状がシンプルなので施工性が良いのも特徴のひとつです。





重心を低く抑えた建物に薄くシャープな片流れ屋根を碧空へ延すことで『刃』の様なイメージになるよ外観。

『家づくりを』考えていく中で好みの屋根の形状を探しつつ、全体の外観を計画していくのも『家づくり』の楽しみのひとつかもしれませんね。



檜建設ANYHOMEのHPへはこちらから





2017-06-08(Thu)

壁紙選び


こんばんは。設計部の浦出です。

本日はお客様とのお打合せの準備で壁紙を選んでおりました♪

壁紙のカタログはこーんなに分厚い上に、何冊もあるんです。。。

IMG_1403.jpg

お客様自身でカタログから全て選ばれる方もたくさんいらっしゃいますが、やはり結構大変なんですよね。

なのでイメージをお伺いし、いくつかチョイスしてご提案させていただくこともございます。

IMG_1402.jpg

カタログでは小さなサンプルしか付いていないのですが、A4サイズのサンプルを取り寄せることも出来ます。少し大きなサンプルになることで、よりイメージが湧きやすいですよね。

お打合せの準備は色々ありますが、壁紙を選ぶのが一番楽しかったりします♪

私がチョイスした壁紙を見てどんな反応をしていただけるのか、毎回ドキドキしますが少しでも楽しくお打合せが出来るよう準備にも力が入ります( *´艸`)


ANYHOME HPはこちら

2017-06-06(Tue)

クロス下地材


設計のTです。
まもなく梅雨の時期がきます。
建築工事において長雨は段取りが難しい季節です。

今回の現場は大工さんの造作が終了した現場です。
壁に張ってある建材はプラスターボードあるいは
石膏ボードと言われている商品です。
一般的に厚みは9.5mm、12.5mmが多く使用されています。
特徴としましては不燃材、準不燃材とあり、燃えにくい建材として
重宝されています。
クロス貼り、塗り壁、塗装の下地材としても使用されています。
次の工程では仕上げ材を施工すると見えなくなりますが
ビスの間隔、縦にきれいに並んでいる方が美しく見えますよね。

プロフィール

檜建設スタッフ

Author:檜建設スタッフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR