2016-07-30(Sat)

家具選び


こんにちは。設計部の浦出です。

先日、カリモク家具のショールームに行ってまいりましたので、今回は家具のお話をさせていただこうと思います。

新居を建てられる際、家具もいくつか新しく購入される方がいらっしゃると思います。最近はインターネットで何でも買える時代、非常に便利ですよね。私も日用品や食料品など様々な物をインターネットで買います。宅配便で届いた商品を開けるわくわく感がたまらないんですよね・・・(笑)

しかし、家具は別です!出来る限り実物を見ましょう。

今回カリモク家具のショールームで実際に見て、触れて、座って・・・強く感じました。こだわり抜かれた素材の質感、丁寧なつくり、そこから出る存在感。また、長く愛用してもらうためのメンテナンス性。これらはカタログ上ではなかなか感じ取れないものだと思いました。
また、カリモク家具は人間工学に基づいた日本人に合った設計となっており、実際に椅子に座ってみるととても気持ちが良く、背もたれの微妙なラインなんかにもこだわりが感じられます。
リビングやダイニングで使う大型の家具は長く使うものです。「安物買いの銭失い」とまでは言わずとも、良いものを長く使う・・・こんな考えで家具を選んでみてはいかがでしょうか?一つ一つの物に愛着が湧きますよ。

P1010940.jpg

こちらは本家カリモク家具のもの。他にも『domani』などのハイクラスシリーズのものなどもあり、展示フロアも1階から5階までと、かなりの展示数となっております。

お気に入りの家具が見つかれば、それにあった設計・デザインのお家にすることも出来ます。そんなところからお家のイメージを絞っていくのも良いですね。

スポンサーサイト
2016-07-29(Fri)

吹抜けをたのしむ

営業のリンリンです。



いよいよ梅雨も明けて、本格的な夏到来のこの季節いかがおすごしでしょうか?

夏は涼しく、開放的に暮らしたいですよね。

今回は吹抜けについて考えてみたいと思います。

吹抜けというといろいろなイメージをお持ちの方がいらっしゃると思います。
例えば、天井が高くて開放的
2階から光が降り注ぐ
上下階の繋がり
家族の雰囲気を感じれる
冷暖房の効果が損なわれそう・・・などなど

メリット・デメリットそれぞれあると思います。最近ではまた吹抜けの良さが見直されて、吹抜けを希望される方が増えてきたような実感があります。

今回は「吹抜けを楽しんでみるのも良いと思います」をテーマにいきます。
建物の断熱性能が飛躍的に良くなったことや、家族との繋がりや、広く開放的に暮らしたいと思うようになった・・・
などなど吹抜けを採用される方が増えたのには様々な理由はあると思います。


2階のフリースペースで遊ぶ子どもたちが吹抜けを覗けばリビングでくつろぐ家族が望めます。


2階の窓から降り注ぐ光とやわらかな陽光がリビングへ届きます。そして明るく爽やかな寛ぎ空間へ。夏の暑い熱気は吹抜けを通じて上へあがり、2階の窓から屋外へ・・・
tu_021.jpg

このような様々な効果をもたらしてくれる吹抜け空間の恩恵を受けて、快適な暮らしを求めて「家づくり」を考えてみるのも注文住宅の楽しさかもしれませんね。
2016-07-23(Sat)

手作り店舗


設計のTです。

名古屋のお付き合いのある設計事務所さんの店舗内部です。

当社にて施工いたしました。

1階は奥様の物品販売の店舗、2階は先生の事務所になります。

2階は工事現場で使われる道板を綺麗に削り床材に使用しました。

壁は片面合板張りの上お施主様による塗装を施しました。

手作り感のある店舗が完成いたしました。
2016-07-16(Sat)

珍しい花

賃貸担当のセンです。

7月に入り暑さも本格的になってきました。水分・塩分を補給しながら体の調節をしてお過ごし下さい。(;´∀`)
本日は珍しいことがありましたのでブログに掲載させて頂きます。
DSCF1745.jpg

我が家に10年置いてある観葉植物の【サンセベリア】という植物があります。
空気清浄効果があるということで比較的おなじみの植物ですが、10年間一度も花を見たことがありませんでした。
それがなんということでしょう!ひょっこり花が咲いているではありませんか!
なんかとても嬉しくてなりました。ヽ(^。^)ノ
※ネットで調べましたが花が咲くことはなかなか稀なことだそうです。
皆様のお家のサンセベリアも花を咲かせるかもしれませんね。お見逃しなく!!
2016-07-13(Wed)

洋風瓦のお家


こんにちは。設計部の浦出です。

7月も中旬、間もなく梅雨も明け夏本番ですね。海やBBQ、花火にお祭り・・・楽しみが盛り沢山です。大人も子供もわくわくする季節ですね♪


さて本日は安城市で建築中のお家の瓦のお話です。こちらのお家、南欧風の外観でとても可愛らしく仕上がりました。

CIMG6578.jpg

こちらで使用している瓦はスパニッシュ瓦をイメージした、洋風のお家によく使われる瓦です。

CIMG6586.jpg

瓦の色も一種類ではなく何色かを混ぜたことにより、一層温かみが増したことと思います。

CIMG6585.jpg

そして建物正面に見えます、バルコニーの笠木にも瓦が使われています。こちらは屋根のてっぺんに使う、棟瓦という瓦です。こんな風にも使えるんですね。


これから外構工事も始まります。植栽が加わるとさらに雰囲気が出て、お家の外観を引き立ててくれます。完成が楽しみですね。

2016-07-07(Thu)

今日は何の日

七夕

天の川で織姫と彦星が年に一度の再会を許される日ですね。

短冊にはどんな事を書かれましたか?

皆さまの願いが叶いますように♪

七夕


厳しい暑さが続いていますので、お身体には気を付けください。

おかぴーでした

2016-07-01(Fri)

窓からの景色をたのしむ

営業のリンリンです。


今年もはや7月に入り、少しづつ暑さを感じ始める季節になる今日この頃。みなさんいかがお過ごしでしょうか?

さて今回は「たのしむ」シリーズとしまして、「窓からの景色をたのしむ」をテーマにご紹介をさせていただきます。
景色をたのしむといっても「一度は見てみたい100絶景」が敷地から望める方は少ないと思います。

今回は、住み慣れた街並みの中から心癒される景色を探して、その景色をどのように取り込み暮らしていくのかを考えて「家づくり」をしていくことがとても大切ですというお話しになります。

例えば
隣家と隣家の間から望める遠方に広がる緑・・・・
周囲を隣家に囲まれていて、唯一見上げた空に浮かぶ満天の星空・・・・
お隣さんが丹精込めて造りあげた美しい庭園の景色を望む「借景」であったり・・・・

美しい景色を取り込むために、心癒されるくつろぎ空間をどこに造るのかが「家づくり」をたのしむひとつの「鍵」かもしれませんね。

お庭の木々が緑の絨毯の様に広がり、遠方の景色が家々の間から望めるLDK空間


一面に広がる田園風景を楽しめるリビング空間。季節の移ろいを感じることができます。
010.jpg

身近な街並みや、周囲に注力してみると「素敵な景色」がお土地から望める場所があると思います。そのような場所を探したり、想像しながら「家づくり」を考えてみるのも楽しみのひとつかもしれませんね。
2016-07-01(Fri)

月に一度の大事な日

こんにちは。営業のヒロセです。
昨日ですが月に一度行われます「エニーホーム 安全衛生協議会」 が行われました。

毎月行われるこの会議では、現在施工中のお客様の現場状況のチェック、および協力業者間の情報交換がメインとなります。そのため住宅に携わる大工さん、電気屋さん、水道屋さんなどがこの日に集まるんですよ。

IMG_1480.jpg
みんな緊張感を持ってこの会議に参加しています。もちろんですが無駄話なんて一切ありません。

IMG_1479.jpg
写真を使いながら各々の意見交換をしています。

この会議で特に意識しているのは「常にお客様の目線で現場ができるか。」です。ですので私たち営業も参加し、いろいろな視点から顧客満足度を高める話し合いをしています。

家づくりはこのようにいろいろな職人がいてつくられます。言葉だけでは伝わらない安心感を常に保つために日々努めてまいります。
プロフィール

檜建設スタッフ

Author:檜建設スタッフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR